JAVS畜大支部BLOG

JAVS畜大支部のブログはコチラ♪
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 初です。 | main | どうも >>
# 動物園!
どうもこんばんは。本日、一年生は帯広動物園に遠足に行きました!

あ、いや、本当は遠足じゃなくて授業だったんですけどね!←


でも時間がなく、あまり動物を見ることが出来ませんでした…

まぁ晴れていただけ良かったのですが(-ω-`)

ていうか今度JAVSで動物園に行きませんか?笑




それではせっかくなので写真をアップしていきます!

サムネイルはクリックで拡大します(´∀`*)









九じゃ九



まずはクジャクです。写真ではうまい具合に尾を広げてくれています。

ところでこのクジャク、つがいで飼われているのですが、
彼はお相手に見事に相手にされていないそうな…

メスのクジャクには背を向けられてばっかりだそうです。



あな、わびし。









…さて、ラクダです。


楽だ

そういえば今日の遠足、もとい授業ではラクダ見ませんでしたね(=ω=;)

なんかぬぼーっとした顔がかわいいです。


でもラクダが帯広なんて寒いとこにいて大丈夫なんでしょうか?

あ、でもコブに栄養を蓄えられるから微妙に理にかなってるっちゃあ、かなってるんでしょうか。



…それにしてもこの写真良い感じで撮れてるなー

目が合っていますね。カメラ目線です。










そしてシカです。確かエゾシカでなくてニホンシカだったような…

鹿

すみませんちょっと記憶があいまいです。

間違っていたらごめんなさい。


でもエゾシカはいっぱいいました!もう、なんか群れまくってます!みたいな。


それに「おとうさん」という名前のシカがいました。

なんて安直な!


ていうかアライグマのところでもあったんですよ。

「ラス」と「カル」という、ウケを狙っているのでは!?と思わずにはいられない名前が。


もっと酷いのにはリスのオリに「ス」という名前の子がいました。

「リ」と「ス」か!?まさか!(爆)










さて、お次はアシカいきましょう。

これはアシカの足か…

そういえば今日はアシカも見られませんでしたね…


ていうかオットセイもですか!

前に自分が行った時はオットセイの餌やりのパフォーマンスをしていて、
子供たちがイワシをプールへ投げ入れていました。

折角だからと自分もと参加したところ、指が引っかかって変な方向へと飛んで行きました。

すると飼育員の方から「兄ちゃんへたくそだな!」とのコメントを頂きました…

切ねぇ!


ちなみに帯広動物園には二匹のアシカがいます。

プールの中ですいすいと。たまに水をぶっかけてくるところがまたいじらしい。








さて、最後にインコの登場です!

イン子

なんと彼らは外でほぼ放し飼い状態でした。

なんで逃げないのかなーと思っていたら、羽の一部が切り取られているのだとか。


…そ、それっていいのか?苦笑

いや、笑ってなんていられないような気もしますが、
まぁ、傷みが伴わないということで演出の方を優先したのでしょう。


動物園のリアルな何かを垣間見た瞬間でもありました。




あ、ところでこの写真凄くないですか?w

いい感じにキスシーン(?)を撮影しております。











…さて、少し真面目な話をしますと、
今日は飼育員の方が付き添っていてくれたので非常に為になるお話を伺うことが出来ました。

白クマを移動させるのに百万かかるだとか、
ゾウに年間数百万円、ましてや新しくゾウを入れるためには10億もの大金が必要になるそうです。

帯広動物園はお世辞にも大きい動物園とは言えません。
人気者とされるパンダもいませんし、コアラの姿もありません。

それでも今回の口蹄疫の対策を講じたり、
動物をよりよく見せるため、彼らのプロフィールを見てもらうための工夫があちこちにされていました。

それでこの動物園の経営が45年も続いているのだと思うと、
あぁ、動物ってのは、やっぱり人間にとって大切だからお客さんも来てくれているのだなと感じます。


でも、それはあくまで奇麗事の話であって、悪い言い方をすれば
「動物をダシにして自分たちの食いぶちを稼いでいる」とも言えます。

いえ、勿論、動物園に関わっている人達は皆仕事に誇りを持ってやっていられるものと思います。

けれど先ほどのそれもまた事実で、加えて言えば自分たちも将来同じ立場に立っているのでしょう。
むしろもっとその色は強いかもしれません。



犬が好き?

でも仕事によっては、保健所に連れてこられた犬たちを殺さなくてはいけないでしょう。

何のためかと訊かれれば、それは家族の為であったり、衛生の為だったり。


もし自分がその立場に立った時、その仕事に誇りが持てるでしょうか?

少なくとも、僕にはまだたぶん無理でしょう。


だからといって臨床にいけば飼い主のいない、通行人が拾ってきたりした動物を見捨てなくてはいけないでしょうし、研究にいけば動物のため、という名目で動物を殺すのです。


どうあがいても避けられない問題のようです。


では6年後、自分は何を考え、何をもって動物と接していくのか、
きちんとした倫理を築き上げていかなくては、と感じさせる一日でした。


| comments(0) | - | 19:37 | category: ヒロ |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:37 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links